マスター濱田浩朱 無料シークレットメールマガジン

マスター濱田浩朱 無料シークレットメールマガジン


マスターの無料シークレットメールマガジン


auto-bPXa9q_Fotor.jpg

     〜【「まいっか」の思いグセと潜在意識】〜

  レジで店員に欲しい商品を伝えたたのに、
  店員が聞き間違えたものをレジに通してしまって、
  気がついたらピッとカードタッチをしてお金も払ってしまった。

  で、内心「あ〜あ、これじゃないのに」
  「高いものでもないし、まいっか」と思い、そのままにした。

  こんな経験、あなたもありませんか?

  わたしもそうでした。

  レジでLサイズコーヒーを頼んだのに、
  店員は間違えてMサイズをレジに通して、気づかずに支払いもしてしまった。

  「あ、間違えてるじゃん」と思ったけど、
  「もうめんどくさいからいいか」と黙ってそのままにしてしまう。

  そんなことをちょくちょく日常の中で経験していました。

  わたしにはそんな「自分の意思を引っ込める」というところがあることは、
  何処かで気づいていました。

  でもわたしはこのクセが、
  実はとても大切なことに関わっていると気づいていませんでした。

  なので長い長い間、このクセはそのまま放置されたままになっていました。

  ですがちょっと気がついてみてください。

  なぜ、引っ込めてしまうのでしょう?

  わたしたちはいつもこのような場面に遭遇すると、
  「相手に悪いかな」とか「めんどくさい」とか【反応】して、
  いつも【同じ反応を自動的に繰り返している】ことに気づきません。

  で、たまに「なぜいつもこうなんだろう」と考え始めるのですが、
  「店員がめんどくさそうな顔をしたら嫌だから」とか
  「勇気を出すのが怖いから」とか「腹を立てたい気分だから」とか、
  なにかともっともらしい理由は浮かびます。

  だけど理由がわかっても、自分の中の「残念な気持ちは変わりません」。

  それ以上に、いつも同じような場面で「引っ込める」という
  【習慣】はなくなってはくれませんよね。

  自分が最初に【こうしたいと思ったことが、思ったとおりに出来る】。

  それがわたしたちの本当に望んでいることですよね。

  わたしはこの潜在意識のトレーニングをることで、
  自分でも知らないうちに、いつもやっていた【無意識の習慣】に変化が起こりました。

  そしてある日のこと、こんな面白いことが起こりました。

  レジでLサイズのコーヒーを頼んだのに、店員がMサイズと間違えて、
  支払いまでしてしまったんです。

  わたしは内心「あ〜あ、嫌だけどめんどくさいから、ま、いっか」と思いかけました。

 
  ところが思うが早いかわたしの口は
  「これ、間違ってますよ、欲しいのはLサイズです」と言っていたのです。

 
  店員は「あ!すいません!」と何度も謝りながら、
  ちゃんと返金してくれ、希望のLサイズのコーヒーを手に入れました。

  で、この経験でハッと気がついたのは、今まで気がついていなかったけど、
  この無意識の習慣は人生のいたるところで顔を出していたことに気がついたんです。

  人との関係の大事な場面で、仕事の大事な局面で、ダイエットや食習慣の場面で、

  そして【人生の転機の大切なチャンスが来たとき】に、
  よりによって「ま、いっか」と見送ってきたことに気がつきました。

  いつもの習慣は潜在意識が自動操縦で司っています。
  だからわたしたちは、ずっと無意識で気づかなかったんですね。

  よかったら日常の中で「ま、いっか」と思ったその瞬間、
  気づき始めて来てください。

  そしてもともとの希望を思い出し、再選択してみてください。

  あなたの人生のハンドルを、あなたの手に取り戻すのです。

  そうして人生というドライブを、心から楽しみましょう。


 
  マスターの無料シークレットメルマガのサンプルはこちら


■無料シークレットメルマガご登録

※メルマガ登録時のご注意。

 「mac」「iCloud 」のアドレスが届かないことが多いようです。
 他のアドレスをお持ちの場合は、そちらでご登録ください。


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional