マスターのメールセッション

マスターのメールセッション

10月の募集は締め切りました

次回、きまり次第掲載いたします


マスターのメールセッション


sora

わたしたちは自分の「魂(その人の本質)の声」に従って生きるとき、
自分と周りをも幸せにする、生きがいに溢れ、誇りあり、
価値ある人生が展開をしはじめます。


賢者、覚者たちは、人は本来、余計なことをしなければ、
幸せになるように出来ていると言います。


人は自分の「魂の声」、自分の本当のこころの声に従って生きると、
幸せで充実した、豊かな人生が実現するように出来ているんですね。


そしてそこに、自分が本当は誰であり、
なんのために存在していて、なにをして生きるのかが、
明らかになりはじめます。


ですがわたしたちの多くが、
これまでの社会の中で「(無意識のうちに)自ら刷り込んだ、
常識という思い込み」や、「自我(エゴ)の自動的な反応」により、
「魂の声」が聴こえづらくなっています。

それは混線したラジオのような状態です。


あなたもラジオのチューニングが合わなくて、
「聴きたい放送局があるんだけど、
いろんな電波が混線して、外国語の音声も混じって、
聴きたい局の音がうまく聴き取れない」という体験を
されたことがあることでしょう。

わたしたちの多くが、魂の声に関してこのような状態でいます。



メールセッションは、あなたが今、答えを探していること、
今のステージからのジャンプアップのきっかけを求めていること、
今あなたが課題と感じていることを通して、
「魂の声」へのチューニングを行うセッションです。


人生に起こるどんなテーマ、どんな課題、
仕事、才能、ライフワーク、恋愛、結婚、パートナー、
人間関係、これからの進路、今思い描いているビジョン、

それがどんなものであっても、
その「本質」は、思い込みという幻想から目が覚め、
魂の声に従って生きることにつながっています。


メールセッションを、自分の魂の声に従い、人生の扉を次々と開き、
あなたの人生の冒険を展開させる、どうぞ起爆剤とされてください。


こんな方におすすめのセッションです

 ・自分では気づかなかった本質のメッセージを受け取りたい

 ・今気になっていること、課題から本質的なメッセージを受け取りたい

 ・出来事から本質を見抜く感性を掴みたい

 ・魂が喜ぶ生き方をしたい・魂をより喜ばせたい

 ・更に家族や顧客や周りの人を喜ばせたい

 ・非凡な成果を創作したい

 ・才能で、自分を含めた、人や社会に貢献したい

 ・他では得られなかった気づきやメッセージを受け取りたい

 ・知識だけではなく、成果を生み出したい


セッションでは「本質」をお伝えします

どんなテーマ、課題、問題も、表面的な意味の解釈や解決策ではなく、
その根底に流れる「本質」が大切です。


わたしたちの多くがこれまでは、
表面的な対応策や問題の解決策を求めてきました。

ですがそれは、もぐら叩きのゲームのようなものです。

次々と現れ続けれる、モグラを叩き続けるのではなく、
モグラが現れることが伝えようとしている「本質」を見極めることが
なによりも大切です。

本当に大切な部分は、表面的に見えていることではないんですね。


メールセッションでは、課題、テーマの根底に流れる、
「本質」をお伝えします。


メールセッションの詳細

☆扱うテーマ、ご質問について

セッションのテーマ、ご質問は、ひとつです。

「今、こんな課題があります」
「今、こんなことが気になっています」

など、できるだけ具体的にお書きください。

どんなテーマも課題も、その本質はひとつに繋がっています。


☆セッションスタイル

①申込フォームに必要事項をご記入頂き、お申込ください。

②受付完了後、事務局よりお支払い案内をお送りします。

③期日までにセッション料金をお支払いください。

④ご入金を確認しましたら、その旨ご連絡します。

⑤ご入金確認後7日以内に、メールにてセッションのお答えをお送りします。

☆受付人数限定

セッションは月ごとの人数限定(5名様)でのお申し込みとなります。
人数が定員に達しました時点で、当月の受付は終了となります。


受講費とお申込みはこちら

  ◇受講費 12,000円

  ◇感想を送ってくださる方 11,500円

  ※事前銀行振込


   ※規約を必ずお読みください。(クリックでひらきます)

申込フォームに必要事項をご記入頂き、お申込ください。

お申込み




powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional