松波龍源僧侶 × 濱田浩朱

松波龍源僧侶 × 濱田浩朱

◇松波龍源僧侶 × 濱田浩朱

龍源さんお勧め、密教についてわかりやすく描かれています。





松波龍源僧侶 × 濱田浩朱 スペシャルトークライブ

 ◇2月、3月東京にて開催、終了しました。


 【知られざる密教と悟りの世界】

  詳細はこちらをクリック

龍源さんマスター




松波龍源僧侶 講座

 ◇11月7日京都にて開催、終了しました。


 【武術と仏教の講座】

  詳細はこちらをクリック



松波龍源僧侶 × 濱田浩朱 講演会

 ◇9月5日東京にて開催、終了しました。


 【胎蔵界曼荼羅・金剛界曼荼羅を解く】

  詳細はこちらをクリック



プロフィール

松波龍源(まつなみりゅうげん)

龍源3-3.png

真言律宗僧侶
太祖神拳正統伝承者

幼い頃から不思議な体験を多数するとともに、仏教に縁のある環境に育つ。

大阪外国語大学地域文化学科ビルマ語専攻卒、同大学院東南アジア地域言語文化研究科修了。修士。
ビルマの仏教に関する研究を行う。

大学入学と同時に少林寺拳法部に入部、部内で頭角を現し3年生の時に主将を務め、以降後輩の指導に当たる。

拳法の技術を考える中で、ある瞬間「真理」と思われるものを発見。
その瞬間、これまで研究対象として目を通してきた仏教の聖典に書かれていること、武術の技、自分自身の置かれている状況が全て一つのこととして繋がる。

生きる苦しみからの脱却を求めて苦悩したことが、武術と仏教の接点に光明を見出す。
仏教と武道を同時に研究する中で、東洋思想と武術、心身の健康の関係に深く興味を持つ。

自分の武術を磨くために、師を求めて中国に渡り、周継革老師に懇願して弟子入り。蒋江文老師にも認められ拝師、5年上にわたる厳しい修行に耐え、ついに外国人として初めて両老師の内弟子となることを許され、秘技の相伝を受けた。

さらに2010年には中国人も含めて太祖神拳門下ではじめて「正式な指導者の証」である「拳譜」を授けられた。これにより商派第五世代はじめての正統継承者、指導者として弟子をとることを許され、多くの中国人兄弟子を抜いて名実共に門下最高位と認められた。現在中国以外ではたったひとりの「太祖神拳」の継承者である。

また、理論面で更に理解を深めるため、北京体育大学の導引養生センターに大学院高級進修生として入学し、導引気功を学ぶと異例の早さで四段位を認可された。さらに人体への理解を深めるため、高名な中医師である劉巍老師に教えを請い、伝統中医の基礎を身につけた。

帰国後、不思議なことにすぐに出家の縁があり、幼い頃より縁のあった西大寺一門の僧侶として得度。

2010年、真言律宗総本山西大寺清淨院徒弟として出家。
2012年、四度加行成満、真言律宗総本山西大寺にて伝法灌頂受法。

密教僧として経典研究、瞑想研究、霊地巡礼、山岳修行等修行を重ねる。
現在、人が本当に苦から解脱することができる、修行の場の実現に向けて活動中。





powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional